The End of Alzheimer’s Program:リコード法新刊

ブレデセン先生の新刊です。

今回の本は、まだ邦訳されていませんが、前著の「アルツハイマー病の真実と終焉」よりも実践的な内容です。ApolloHealthに登録すると見れるガイドライン(生活改善の方法)の内容が、かなり詳しく紹介されています。この本を熟読して、さらに各種検査をBFLクリニックで受けていただければ、リコード法を努力は必要ですが、ご自身でも精度高く実践できそうです。

もちろん、私たちのグループコーチングに参加していただければ、この本を熟読しなくてもレベル高くリコード法を行えますので、ご希望の方はご連絡ください。次回のグループコーチングは12月スタート4か月間の予定です。今までのグループコーチングは、ApolloHealthに登録していただく事が参加の条件でしたが、この本を購入されてお持ちの方は、ApolloHealthに登録しなくても参加いただけるようになりました。

さて、本の話に戻ります。
この本の序章では、いかに現代の西洋医学が、診断も治療も要素還元主義に陥っているかについて書かれています。要素還元主義によって、生命科学が進歩したことは事実ですが、それでもまだまだ謎の多い人間の体です。俯瞰的に健康状態をとらえる必要があることがブレデセン先生の言葉で語られていました。生粋の科学者であったブレデセン先生の言葉であるがゆえに、説得力があります。

次に要注目情報です!
チャプター1からの内容を、
メールにて毎日お届けします。
読みやすく物語調に、リコード法認定医(※)の齋藤信子の言葉でお伝えしていきます。4か月間で、この本の内容を網羅できる予定です。※リコード法認定医はアメリカのIFMの民間資格です。

ご興味のある方は、こちらから登録してください。下のグリーンの字を1つクリックしてメールアドレスとお名前をお書きください。メールを毎日お送りします。
The  End of Alzheimer’s Program
The First Protocol to Enhance Cognition and Reverse Decline at Any Age
4か月でリコード法実践できる無料メール講座申し込み