リコード法に基づく認知症体験型ワークショップのご報告

2月29日13時から、第1日目の認知症予防体験型ワークショップが始まりました。2日間のワークショップです。
まず最初は、リコード法認定コーチ新井綾子さんの挨拶からです。

私もスタッフも、この日に向けて準備に準備を重ねてきました。募集途中参加者が少なく開催が危ぶまれましたが、おかげさまで8名の方にご参加頂きました。感無量です。

思えば昨年の今頃新井さんとメールで知り合い、ともかく会いましょうという事になり、私がニュージーランドから日本に戻ったその足で名古屋に新井さんにお会いするために向かいました。その時私は途中ホテルで一泊して実家にも寄らずに空港から直行しました。お会いして、この方となら絶対に歩めると確信し、7月の満月の日にBFLクリニックを開業し今に至ります。

正直いろいろな困難がありました。しかし、全て大げさではなく、新井さんのお陰でここまで来ることが出来ました。新井綾子さんは、今後の日本におけるリコード法の第一人者になられること間違いないと確信しています。リコード法に関連する知識はもちろん、経験も熱意も超一流です。そして、何より患者様思いで優しい方です。さらに英語でもいつも私は助けていただいています。

1日目は座学でした。途中少しだけ、皆様の固まった体を腱引き体操でほぐしていただきましたが、第1日目4時間の講義、本当に皆様お疲れさまでした。

リコード法の内容を講座参加者の皆様に、理解していただけたことと思います。
参加された方の中には、医療職の方もいらっしゃいましたので、ここで学んだことをご自身のお仕事にも生かしていただけるのではないかと期待しております。患者様とご家族様も、リコード法をじっくり学ぶ良い機会になった事と思います。

2日目は、11時から、理論よりも実践的な内容を学んでいただきました。
スタートは、デトックスについてからでした。
一言でデトックスと言っても、本当にいろいろな方法が解毒に役立つことを学んでいただけたと思います。

そしてそのあとは、リコード法的食事法を学んでいただくために昼食を準備いたしました。
まず最初は、豆腐を使った何にでもあうペースト作りをデモンストレーションいたしました。
お好みでの変更の仕方も交えてお伝えいたしました。
『これならできそう』という参加者様の感想をいただき、本当に嬉しかったです。
何しろ皆様に実践していただく事が最大の目的でしたので、その意味でこの一言をいただけた今回のワークショップは成功したと思っています。

メニュー:
1日目おやつ、ブリスボール2種類
2日目昼食とデザート、手作り放牧鳥のボーンブロス、ワイルドサーモン、サラダ(ベビーリーフ・ケール・パプリカ)、万能ペースト2種類、ケトンブレッド2種類、グラスフェッドバターとココナッツオイル添え、チャイ風味のグラノーラ、豆乳ヨーグルト
全てオーガニックで私と新井コーチの手作りです。1か月ほど前に試作を全員で行い、その後各自改良を重ねてきました。全てのレシピは今回お渡しのテキストに入れました。

最後の最後は、質問コーナーでした。時間を1時間弱としっかりとりました。
たくさんのご質問いただき、本当にありがとうございました。
あっという間の2日間、合計8時間のワークショップを無事終えました。