なぜ、誰でも成果が出るのですか?
環境つまりライフスタイルを変えたら、人は100%、程度の差こそあれ、必ず変わります。
しかし、ただがむしゃらにやっても、細かいことばかりに捉われていても、思うような成果はでません。
最小限の手間暇で、最大限の効果を得るためには、機能性医学に基ずく脳や体の7つのチカラを知って、それを有効に良くする5つの方法を実践することが必要です。
何をやめたらいいのか?
何を選んでしたらいいのか?
は、誰も、教えてくれません。
インターネットで調べても情報は錯そうし、医師も薬剤師も、医学書も教えてくれはしないのです。
だからこそ、自らが健康で元気でいられる、正しいライフスタイルを選び取ることができるようになる、必要があるのです。脳や体の7つのチカラを理解して、その力を最大限発揮させるための、5つの方法を自ら実践する事が不可欠です。
普通に生活していれば、病気になる時代
残念ながら今の日本の環境や、しかたないと妥協的に選んでいるライフスタイルは、あまり良いものとは言い難い。
だからこそ今、機能性医学を行う医師やコーチが、指導役となり、日本の人々の未来を、次世代の未来まで真剣に考えて、とくに問題を意識し始めた中年以降の人々の、機能性医学を信じて実践する流れが必要なのです。

実績はありますか?
機能性医学の実践者では、こんな成果がでています。
「糖質をやめたら、一気に4Kg減って、さらに、睡眠の質が良くなった」
「長く歩いて膝の痛みがでても、立ち止まって数秒あの運動すれば、痛くなくなる」
「睡眠時間を長くしたら、朝の目覚めが格段に良くなった」
「間欠的断食で、視力が回復した」
「自分でできることが多くあることが判り、毎日の心配が減った」